親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

やっぱり立ち直れない

お父さん、やっぱり立ち直れないよ!


今、小瓶に入れて持ち帰った遺骨と髪の毛を見たよ。


涙が溢れて止まらなかった。


お父さん、なんで死んでしまったんだよ!


頑張って1年介護したのに!


「どこにも行けへん。どこにも行けへん。」ってなんども言うてくれたのに!



お父さん、飲めないお酒をも少し飲んだら頭が痛くなってきた。


アルコールアレルギー。


お父さんと一緒。


お父さん、迎えにきてよ。


お母さん、いてるけど。


もう生きるのしんどいー。

何のために。。。

何のために人は生まれてくるんだ?


何のためにいきていくんだ?


所詮、死ぬのにー。


死んでしまえばそれで終わり。


何も感じない、わからない。


ただただ無があるだけー。


熟睡しているその瞬間、無だ。


仮死状態と同じだと私は思う。


脳も生きて血流もあり心臓も動いているだろう。


でも、無だ。


死んだらその状態で体の機能が止まり細胞も死滅する。


結局死んでいくわけだから生まれてこなければいいんだ。


何のために宇宙に人間が存在し子孫を作り老いて死んでいく。


何のために?


死んでいくものは、わからないかもしれないが残されるものは、のたうち回り泣き狂う。


そんな、残酷な思いをするならば、いっそう生まれてこないほうがいいのでは?とー。


何のために生まれて何のために生きるのかわからなくなってきた。


所詮死んでいくのにー。

いつまで経っても。。。

2年が過ぎた。


いつまでが経っても信じられない。


お父さんがいないなんてー。


走馬灯のように頭の中を駆け巡る。


お父さんの顔がー。


姿がー。


頭から離れない。


いつまで経ってもー。


死んでしまったなんてー。


信じられない。