親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

悲しみのどん底

助けてあげれなかったね。


ごめんね。


なんとか助けてあげたくて必死で戦ってきたんだけれど、


勝てなかった。


まさか死んでしまうなんて思いもしなかった。


「切ったらしまい!」とあっさり言ったように本当にそう思ってた。


なのにたった1年で死んでしまうなんて。。。


絶対に死なせたくなかった。


絶対に助けたかった。


なのに、なのに次から次とお父さんの体は蝕まれていった。


なんで?なんでよ?なんでなの?


何もできなかった。


ただただ見てるしか。。。


取り返しがつかない過ち。


あの時、セカンドオピニオンへ行ってればー。


あの時、もっとお父さんの気持ちを聞いてあげとけばー。


あの時、主治医に相談しに行ってればー。


あの時、あの時、あの時。。。


もっと沢山、一緒に居てあげればよかった。


もっと沢山、話しとけばよかった。


もっと沢山。。。


お父さんー。


もっと居てほしかったー。


お母さんも一人ぼっちになって可哀想だよ。


お母さん、一人ぼっちになって認知症が始まったよ。


お父さん、お母さんあとどれくらいまともでいられる?


お父さん、お母さんあとどれくらい生きれる?


お父さん、これから先、お母さんどうなるんだろう?


お母さんは、いったいどんな最後を迎えるんだろう?


怖い。恐ろしい。不安。恐怖。


その時がきたら私、どうしよう?


どうなるんだろう?


怖い。凄く怖い。


お父さん、なんで逝ってしまうのよ?


なんで?


なんで許可なく逝くんだよ!


ごめんね、助けてあげれなくって。。。


苦しい。苦しい。苦しすぎる。


悲しくて悲しくて粉々になりそう。


お父さん。会いたいよ!

心がざわめく

お正月気分も全く味わうこともなく、

父がいなくなってから2回目の正月を迎えた。


寂しい。


本当に寂しい。


大切な家族が1人欠けただけで全てが変わってしまう。


心も環境も、景色も思考も何もかも。。。



年末まで仕事があったのもあるが、何も出来ず注文してあったお節などを持って母のところへ向かう。


年越しそばを一緒に食べてあげないと、ひとりでは可哀想過ぎて31日から一緒だった。


遅くに帰宅。


朝目覚めてすぐに行くといったべったりな日々が4日間続き最後の帰る時に寂しいと泣かれてしまい心が痛んだ。


その顔をみて後悔の念が襲った。


一日も早く引き取れる準備を整えてあげないと!ってね。


仕事に追われ構えない、時間が取れない、家の事もできない。


負の連鎖が襲う。


焦り焦がりが渦巻く。


1日ずっといるとよくわかる。


確実に母の能は蝕まれている。


意思の疎通がスムーズにいかない。


その事もかなりの心配の種。


平均発症後7、8年で寝たきりになりそして死を迎えるとー。


あと何年?


あと何年いてくれるの?


最近そんなことばかりが頭をよぎり愛犬がいなくなったことと重なり、ますます鬱気味。



お母さん、このまま維持して頑張って。


せめて90まで生きて!

クリスマスに天に召された

夕べ、布団へ入って何分か経ったころガサガサ、ドッサ、ガサッと変な音がした。


何かが落ちてきたのか誰かが外で何かをしてるのか?


それにしても、音が近い。


気になり愛犬の居てる所を覗いた。


すると、トイレでうんを仕掛けていた。


しかし、その立ち姿が変!


後ろ足がひょろついている!


あれ?と様子を見ているとうんをした後、すぐトイレットペーパーで取るや否や、トイレでひっくり返った!


お腹を天井に向けて、両手両足をあえぐようにひきつけを起こしてるような感じだった。


びっくりして止まるのを見てすぐに抱き抱えた。


ぐったりしてる。


もう23時半を過ぎた頃で、掛かり付け医でなければ連れていきたくないし、

老犬ということもあって朝まで待つことにした。


早朝、ぐったりしていた。


病院が開くのを待って直ぐ様車で連れていった。


心臓発作と思っていたが脳疾患という診断だった。


脳出血、脳梗塞あたりと。


止血剤や炎症止めや三種類の注射をして薬をもらって帰った来た。


すこし、チック症状がでてたのも治まりかけて大丈夫かも?と思っていた矢先に、

また発作が出て痙攣しだし暴れだした。


全身をのけ反り両手両足を伸ばしきった感じで目をむいてキャイーン、クイーン、と何とも言えない今までに聞いたことのない鳴き声をあげながら。。。


数分だっただろうか?


最後に私の方を見開いた目で見て、大きな声で遠吠えをしてウォーーーーンと一声あげてそのまま息を引き取った。


嘘でしょ?って感じでだった。


目の前で喘ぎ苦しんでる愛犬に何もしてあげれず、見て指すってあげることしかできなくて、あっけなく死んだ。


今日は、クリスマス。


クリスマスに天に召された。

2017.12.25.10:10


そして、明日は13才になるお誕生日だったのに。。。


先代は12歳でー。


去年は、父がー。


今年は、愛犬がー。


愛犬がいなくなったら、私はとうとう一人ぼっちになっちゃったー。


この家に一人ぼっち。


突然やってきた愛犬との別れ。


唖然とするほかないー。


○○○ちゃん、どうして急に死んだの?

○○も、○○も、お父さんもいてるから会うんだよ。


ママは、一人ぼっちになっちゃったじゃないのー。


○○○、寂しいよ。