親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

晴れることあるの?

今日、お風呂から上がってきてふっと思った。


父が死んでから、気分が晴れたことがない。


そう思えば、ずっーと心の中は重たい蓋で閉められてるような圧迫感がある。


何をしても心が快晴のときはなかった気がする。


意識は全くしてなかったが、前日の花火大会がきっかけで気づかされたかも?


いつも、曇り、雨、時々台風だ。


晴れたことなど1度もない。


ずっーと、ずっーと。曇り、雨、時々台風。


心の中は塞ぎこんだまま。


周りは気づかないだろう。


そんな私の心の状態をー。


あまり人前に出せない。


誰かと一緒にいてるときは、普通でいられる。


でも一人になるとお父さん一色になる。


憎まれ口をたたき元気なときは、くそじじーとよく思ったのに。


病気になってからは、なんだろう?


保護者?守ってあげたい。出来ないこと全て代わりにやってあげたい。執事?みたいな。


本当に二人三脚だ。


だから、本当にあの世があって、三途の川を渡ってあの世へ旅立つならば、

父は、あかん垂れだから一人じゃ迷子になって立ち往生してあの世へ着かない!


そんな気がするから手を引いて一緒に旅立って着いていかなきゃぐらいの気持ちだった。


それほど父のことが心配で執着していたのだ。


その父が死んだ。


予想以上の大打撃だった。


最早、心の底から笑えない。


心が快晴のときなんてくるのだろうか?


この先、ずっと来ない気がする。


いつも曇り、雨、時々台風しかこないと思う。


これで母までいなくなったら私はどうなるんだろう?



本当に上手く親離れが出来てないことにこれほどまでに気づかされるとは。。。



薄々、わかっていたけど。。。



思春期の真っ只中に親の懐から順序立って抜け出さなかったから。


何の準備もなく一気に転げ落ちたもんだから精神的に上手く離れられてなかったんだろうなー。と思う。


親って凄い存在なんだなーってつくづく思い知らされる。


元気でいてくれることが、何より子供にとって有り難く幸せなことなんだなーとつくづく思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。