親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

最近よく思うこと

初めは、母が心筋梗塞で倒れたのが親の介護の始まりだった。


ここでも何度か記載しているが、母も救急車で運ばれ、

カテーテル、ステントを入れその後、医者に言われた言葉が「48時間が勝負です。」と。 


え?48時間何もなければ助かるけど、合併症でたら死ぬかも?って?


そんなスタートだった。


幸い何事もなかったが、予後が悪く色んな副作用で足の指先は壊死し、

切断手前までいき、その後はプレドニン大量、長期服用で大腿骨頭壊死で足が不十になった。


そして、腰も腰椎狭窄の上に圧迫骨折をして、もうボロボロ( >Д<;)


動脈硬化も重度で、何年か前にいつ死んでもおかしくないとまで言われてる。


そんな矢先に父が肺癌で。。。


幸いにも初期で1aだよ!


左上葉切除で癌はさよならできて一安心と思ったのもつかの間。


術後3日目から心不全という合併症を起こし、そこからが転落の始まりだった。


そして術後365+8日でこの世を去った。


手術する前にあれだけ聞いたのにね!


先生に!


肺気腫重度と高齢者、本当に手術しても大丈夫なのか?とね!


大丈夫って言うから手術を受けさしたのにね!


1年で死ぬか?


ここ重要!!!!!!


私は、ここから歩けだせない!


可哀想なことをしてしまった。


手術を受けなければ、まだ生きてた!


絶対に!


そう思えるといてもたってもいられない!


普通の親の死じゃないんだよ。私にとって。


私が殺したようなものだから、余計に苦しみ執着して歩けだせないんだろな。


死んだことより、私の選択ミスにより死なせてしまった。ということが私を苦しめてる源なんだろうなー。


私がお父さんの寿命を縮めてしまったんだよ。



そんな経緯で父を亡くし強烈な苦痛、寂しさ、悲しみの渦に飲まれて日々暮らしている。


まだまだ傷は癒えないどころか憂うつで鬱陶しいオーラにまとわりつかれて、おかしくなりそうだ。


そんな傷が癒えぬ間に母の心配だ。


最近、母の様子が変だ。


とてもしんどそうで生気がない。


目もうつろ。


晩ごはんを作りに行って、一緒に食べて後片付けをして。後はお風呂に入って寝るだけの状態までいて帰る。


この中に要観察も入ってるけどね。


そんな感じの中でふっと思うこと。


これで母まで死んでしまったらどうしよ?


たまらない!


それだけは、避けたい!


まだダメ!


今、死なれると私は、絶対に壊れる!


父の死が癒えぬ間に死なれたら、私は生きる自信がない!


ひとりぼっちになっちゃう。


嫌だ。まだ嫌だ。


そんなことを最近よく思う。


怖い。


どうか、このまま母の容態も安定して長生きしてくれますように!


父だけで十分だ!こんな思いをするのは!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。