親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

父の姿

もうすかっり秋の気配。

早いものだ。あれから半年も過ぎた。


もうそんなに経つのか?

いや、昨日のようだ。


頭の中、脳裏にしっかりはっきりと焼き付いている。


目を閉じるとはっきりと映る。

父の姿が。。。


顔、髪の毛の色、髪型、眉毛の形、眉の色、目、唇、指先、爪の形、声。。。


言い出したらきりがない。


一昨日、お風呂に入ってるとき、髪の毛を濯ぐとき目をつぶっていたら父の顔が浮かんだ。


しっかり見える。


顔も髪の毛の色も目、指先、何もかもが。。。


泣きながら髪の毛を洗った。


上がってきて思った。


こんなにも鮮明に脳裏に焼き付いてる。


父の顔。そしてこの世を去る最期の姿をー。


重い。ずっしりとのし掛かっている。


乗り越えれない。


普通に親を亡くしたのなら、まだ諦められるのか?



私が、お父さんを死なせてしまったと思えて仕方ないから?


だからこんなにも底知れぬ悲しみと辛さが残るのか?


たった1年、たった1年で奈落の底だ。


心が張り裂けそうだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。