親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

お母さんまで。。。

12日、母の呼吸器内科の受診があった。


この間の検査結果を聞きに行った。


やはり肺気腫だった。


この1年半くらい前から痰がよくでて最近とくに動いた後、

ぜーぜーいった感じの呼吸で息切れをしている。


父のこともあり、高齢になると肺癌にかかる率も高くなる。


そんな訳で受診し検査を受けた。


幸い軽度で辛抱できるなら、要経過観察でも構わないとのこと。


心筋梗塞から不整脈、股関節骨頭壊死、脊髄狭窄、重度の動脈硬化症、下肢閉塞性動脈硬化症、

とにかく薬も血液サラサラの薬がマックスに出ている。


なので気管支拡張剤など出来れば使用させたくないのだ。


ところが、呼吸器のほうは大したことはなさそうだが、

どうやら胃の方に問題が発覚した。


胃の外側に3センチの腫瘍が見つかった。


それが何なのか、再び検査をしなければならなくなった。


腫瘍?


良性?悪性?


肝嚢胞があるのだが、それに色が似てるから同じようなものなのか?

消火器の先生に相談してみてと言われた。


そして15日に予約がとれた。


また検査づくめかな?


検査も普通の人のように簡単には出来ないのが難点。


出血すると血が止まらない。


服薬を止めるのも怖い。


どうなるんだろう?


何もなければいいのだけれど。。。


怖い。もし、悪性って言われたら。。。




そうなると私は、もう立っていられない。


ただでさえ虫の息。


そこに留目を刺すのか?


やめて!


もうこれ以上、悲しくて辛い思いはしたくない!


傷が癒えぬ間に、またあんな残酷な目にあいたくない!


どうぞ、なにもありませんようにー。


これ以上、大切な家族を失いたくない!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。