親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

悔しい

お父さん、やっぱり手術しない方がよかったんかな?


手術してなかったら間違いなくまだ生きてたよね。


でも、癌が大きくなってたかな?


転移してたかな?


どうなんやろ?


何もせずそのまま放置してたら、まだ生きていただろう。


でも、大きくなって転移して最終的には、痛みと苦しみのなか息絶えてしまっただろうか?


それとも、年齢的に先に寿命がきただろうか?


それとも、ほかの病気で息耐えてただろうか?


どうなんだろう?


でも、間違いなくまだ生きていただろう。


手術さえしていなければ。。。



医者に大丈夫だろう、と言われて受けた手術なだけに悔しくてたまらない。


なんで?なんで?なんで?


なんで死ぬの?


手術をしたから死んだ。


これは紛れまない事実。


体が耐えれなかったんだろう。


悔しい!腸煮えくり返るぐらい悔しい!


出来ることなら、あの時の呼吸器内科と呼吸器外科の医者に恨み募りを言いたい!


患者はモルモットじゃないんだよ!


やってみなきゃ、わからないじゃ困るんだよ!


医者からしたら患者は大勢の中の1人かもしれないが、家族からしたらたった1人の大事な家族なんだよ!


患者が死ぬことになれてる医者に、私達家族の思いなんかわかるはずもない。


これだけ医療が進んでるというのに何故助けられない?


たった2センチ程の癌細胞があっただけなのに。。。


転移もしてなかったのに。。。


なのになんで?


取れば完治だと言われてたのに。


なのになんで?


本当に悔しい。


悔しすぎて時々発狂しそうになる。


それと同時にもういないんだという絶望感。


どこを探してもどこにもいない。


どれだけ泣きわめこうが、どれだけ願おうが父という人間、体は存在しない。


その事に打ちのめされる度に胸が引き裂かれる思いだ。


2度と目の前に現れない。


2度と触れることも出来ない。


2度と話すことも。



その現実に触れたとき、計り知れない悲しみのどん底に突き落とされる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。