親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

複雑な思い

父の写真を見ると、まだ涙が止まらない。


胸が張り裂けそうな思い。


会いたい!愛しくて愛しくてたまらない。


出きることなら返してほしい!


お父さんを返して!戻して!


もっともっと、お世話をしたかった。


もっともっと、話がしたかった。


もっともっと、お父さんの笑顔を見たかった。


もっともっと。。。


死ぬまでこんなに苦しくて悲しい思いをし続けなければならないのか?


耐えられない。


母も今入院している。


検査の結果も大したことはなかったらしいが経過観察。


病院へ行くと父の病院通いの日々を思い出す。


母の病室の部屋のカーテンを開けると父がいるんではないかと錯覚をしてしまう。




その内、母とも別れの日が訪れるだろう。


頭では理解できているが、実際となるとどうなるんだろう?


父もいなくなって、母までもいなくなるなんてー。


考えたくない。


私の大事な家族がひとり、またひとりといなくなるなんてー。


居たたまれない。


母が居なくなると本当にひとりぼっちになってしまう。


そんな気がしてならない。


病院の帰りにスーパーへ寄った時、カートを押しながら、

お母さんが死んでしまったら、こうして買い物もひとりになるんだなー。って。


もう、実家へ通うこともなくなり、通院介助でバタバタすることもなくなり、

ブーブー文句も言うこともなくなり。。。


そんなことを母の入院中考えてしまう。


父の死と近い将来訪れる母との別れ、こんなことを考えてしまうと押し潰されそうになる。


母までも亡くしてしまうと、私は生きて行けれるのだろうか?


こんなにも苦しくて悲しい思いに耐えていけれるのだろうか?


そんなにメンタル強くない。


とにかく、母を看とるまでは頑張ってる生きなきゃと思ってる。


母を幸せな思いの中で逝かせてあげたい。


出来る限りのことをしてあげたい。


だからそれまでは絶対に生きる!


絶対に頑張る!


でも、その後が見えない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。