親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

1月15日の母

昨日、母からメール。


お昼から38℃の熱発とのこと。


うーん、雪が降るって言うてたから行かないでおこうと思ったが、

どうしても気になるので行った。


行っておでこを触ってみたが、37.5前後ありそうな熱さだ。


なんでだろう?


肺炎はよくなってきてるし、胸の雑音も殆どなくなってきたと主治医は言っていたのに。


足も両足痛いと言うし。。。


なんの熱?


気になる。


爆弾を抱えてる体なだけに怖い。


ひとつ、こけたら皆こけた!みたいにドミノ状態にならないだろうか?


高齢者は、急変する。


え?なんで?と思うところから体調崩して取り返しがつかなくなることもある。


点滴も注射液も薬も酸素も父の時と同じだ。


被って仕方ない。


思い出すと辛くなるから蓋をするようにしてきているけど、


母と重なって仕方ない。


何だか母まで急に消えてしまいそうで怖い。


不安な毎日が続く。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。