親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

1月19日の母

今日やっと点滴が外れた。


酸素も3リットルだが、週明けから様子を見ながら離していくとのこと。


高熱の原因は、はっきりしない。


何らかの細菌性のもので炎症反応が上がって熱が出たのだろうとあやふやな返答だった。


急な高熱、カロナール200で解熱し、それ以来平熱。


しかし、不定期に熱発している。


尿検査をしたのかと訊ねたが、していないとのこと。


腎盂炎、尿路感染とかの心配は?と聞くと年だから仕方ないと。。。


?よく理解ができない。


全て高齢ということで片付けてもらったら困るのだが。。。家族としてはー。


と、今日は、主治医とこんなやり取りをした。




そして、点滴も外れたことで夕方、コーヒールームへ車イスで行った。


久しぶりにベットから解放されて笑顔も見られる。


このまま早くよくなって退院できればいいのだが。。。


そして、夕食時間になり食事を始めだした途端、胃が痛いと訴えながらベットへ倒れかかった。


普通の胃の痛みと違うような感じの様子だ。


直ちにナースへ報告。


担当医は、もう帰ってしまったので、当直のドクターへ胃薬を処方してもらうとのこと。


そうのこうのしている内に、やや転げ回るような表情になる。


すぐにナースへバイタルチェックを頼んだ。


夕食時で忙しいのは、わかる。


しかしだ、見てわからないか?


普通の胃痛かどうか?


言わないとチェックしない。


案の定、上156 下91。


いつもは、心機能が悪くなってから上が100前後しかないのだ。


胃壁にジスト?かも知れない腫瘍が2センチの物がある。


それと関係があるのか?


些か不安がよぎるが、痛み止と胃薬を飲んで様子をみるとのことで、

面会時間もタイムリミット近くになり、気になりながらも後にする。




いつも、帰り際に手を握る。


しかし、右手でしない。


左手だ。


しかも、握手ではなくタッチをするのだ。


右手で手を握るのは怖い。


父とのことを鮮明に思い出すのだ。


明日も必ずある。明日も絶対会えるよね?って心の中で叫んで祈るような思いで帰っていった。


固く握り合う手、アイコンタクト。


思い出すのだ。


そして、帰るとき運転しながら涙がこぼれるのだ。


最期になったアイコンタクトの顔が忘れられない。


そして母もその内、居なくなるのであろう。


耐えれるのかな?私。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。