親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

後から気づいても。。。

死んでから気づくんだよ。


その人の思い。


その人の心のうち。


その人の気持ち。



いなくなって、初めてわかるんだよ。


その人への思い。


その人への愛。



何もかも遅いんだよ。


死んでしまってからじゃー。


いなくなってしまってからじゃー。




なんで、気づかなかったんだろう?


あんなにも私のことを見ててくれてたなんてー。



何も言わず「湿布、持って帰って貼り。」それだけを言い湿布を渡そうとした父。


その時、私は気づかなかった。


なんでそんなこと言うんやろ?と不思議に思っていた。


そして、父に「お父さん、腰が痛くて貼るのにおいとき。私は家にあるし大丈夫や。」って言ってもらわなかった。



死んで気づいた。


いつも、父の排泄介助のあと、腰を叩いていたのだ。


無意識のうちに。。。


それを父は見ていたのだ。


だから、何度も湿布を持って帰れと言ってくれてたのだ。


なんで、その時気づいて「ありがとう」と言ってあげなかったんだろう。


なんで、その時、父の優しさに気づかなかったんだろう?


なんで?なんで?バカな私。


お父さんの優しさに気づかなかった。


お父さんが、いつも私を見ていてくれてたなんて気づかなかった。


ごめんね、ごめん。


本当にバカ!


いなくなって気づくなんてね。


気づいて泣いても遅いよね。


お父さん、ごめんね。そして、ありがとう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。