親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

2月25日の父

今日も行きたくなかった。


容態が悪かったら、たまらないから!


辛いのだ。具合が悪い父の姿を見るのが。


もう、苦しくて苦しくて胸が痛む。


でも、行かなきゃって!



そんな気分で病院へ到着。


いつものように恐る恐るカーテンを開ける。


眠っていたがすぐ目覚める。


ワンテンポ?、ツーテンポ?遅れながらの反応。


今日は、なんか昨日より調子よさそう?


身の回りの片付け、補充を終えギャッジアップして起こす。


最近、バナナを好むので有機栽培のバナナを差し入れ。


半分個して手渡す。


いつもなら半分食べてしまうが、その半分を食べてもういらないと。


やはり飲み込みがきつそう。


その後、メイバランスを2回に分けて飲み干す。


そしてまた、今日も母にお金を催促して、「プレゼント」と言って千円をくれた。


また『使ってはいけないお金』が増えた(笑)


その後、いつものようにお買いものコースへ!


いつも、人の顔を見ると「お買いもの行っておいで、好きなもの買っておいで」と言う。


そして、いつもアイスクリームのピノを買ってくるのだ。


今日は、3個食べた。


そうのこうのしているうちに夕食の時間。


またもや嫌そうな顔をして寝たふりをする!(笑)


食事を前にしても食べる気配はなし!


そうしてたら妹が来た。


焼けるのを待って熱々のたこ焼きを差し入れに来た!と持ってきた。


父は、たこ焼きが好きなのだ。


でも、嚥下機能が落ちてトロミの刻み食だからタコは食べさせれないので、

タコを取り除いて渡す。


まぁー!なんと5個も食べてくれた!


嬉しかった。


やっぱり、トロミの刻み食が嫌なんだろうね。


確かにまずい( ̄~ ̄;)


小指の先ほどの味見をするが、美味しくないし、これじゃ食欲もわかないね。


見た目も悪いしね。


でも仕方ないんだよね。



いつも思うんだよね。


食べたいものを持ってきてあげたいと思って聞いても「わからん」て言うし。


少しでも食べれるものがあれば持ってきてあげたいのに!って。


でも、実際、リクエストに答えて持ち込んでもあんまり食べないんだけどね。


人間、食べれなくなったら終わりだって言うけど、認めたくないし、受け入れたくもない!


諦めたら終わりだ!


だから諦めたくない!


頑張れ!お父さん!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。