親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

3月2日の父

恐る恐る病室を訪ねてみた。


眠っていた。


額に手をそっと。。。


熱くない。熱は下がっていた。


酸素も3.5リットルと0.5下がっていた。


酸素量も95前後から98。


すると目を覚ました。


しばらくして認識できたのか、にっこり笑う。


唇が乾燥してガサガサだ。


すぐリップを塗ってあげる。



昨日、夕方にボルタレン座薬を入れてから熱は上がってないとのこと。


主治医からも熱は下がっているから薬が効いたみたいやね。と。


まだまだ油断は出来ないが、まずは一安心。


このまま安定してくれればいいのだが。。。


食事は、絶食。


水分はいいとのことで、大好きなピーチネクターをうがい後差し出す。


二口飲んでいらないと。


いつもは、すぐ寝るのに今日は、比較的開眼してることが多かった。


「また明日来るね。」と言って病室を後にした。




このままよくなって!お父さん!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。