親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

3月9日と10日の父。

9日の夜未明、ブログを書こうとしてた矢先に、

スマホの画面、真っ黒に!


パソコンもあるのだが、何分忙しく立ち上げてる時間が勿体無い。


なので、いつもスマホ。


なのにだ、いきなり壊れてしまった(涙)


そんなわけで、更新できなかった。



さて、日曜日は、ご主人さまをお見送りする日なので、病院へは行けず。


月曜、火曜日と変わらずいてくれた。


酸素量も落ち着いてた。


ただアイスクリーム、ゼリーだけだが、少しムセが見られる。


誤嚥性肺炎を起こすのも時間の問題か!?


ここ二三日、開眼してるが見えてないのかと思うことがある。


反応もないときがある。


開眼してても見えてないことがある。と死期が近づくとある兆候とか聞く。


肌の色も黄色味がかってきている感じがする。


肝臓の数値を聞きたいのだが中々看護師もバタバタしていて聞くタイミングを外す。


毎日毎日ドキドキしながら病院を訪ねるのも疲れるな~。






この世にたったひとつ、願い事を叶えてくれると言うなら1年前に戻して欲しいという。


3月9日に。


そしたら、手術など見送りセカンドオピニオンへ連れていく(涙)


3月10日、ちょうど一年前の今日、運命を変える手術の日だった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。