親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

頭から離れない

毎日毎日、目が覚めてから眠るまで

ずーと父のことが頭から離れない。


色々思い出してしまう。


でも、全部病院での生活場面。


病に伏せるまでの思い出は、ろくな思い出がない。


むしろムカツク、気の悪いことが殆んどと言ってもいいくらい。


なのに病に伏せてからは、180度変わってしまい33年を1年で凝縮してしまったくらいの思いだ。


勿論、元気だったころの可愛くない父も思い出す。


でも、一番思い出す場面は、ベットで寝たきりの父とのやり取りだ。


2日間行かなかったことが何回かあったとき、妹は「ボケてるからいちいち覚えてないって!今日か昨日かも区別ついてないって!」とよく言った。


私もそうかな?と。


テレビも新聞も見ない。1日寝たきりの生活で1日の区切りもはっきりわからないかと。。。


ところが、1回だけ認識していた。


2日間は、わかってないかどうか定かでないが、

行くと「昨日、どないしてたん?」って聞いてきたことがあった。


その言葉を聞いた瞬間、胸が痛かったのを覚えてる。


わかってるやん、可愛そうなことしたな。って心の中で詫びた。


行かなかった日は、叔父の病院の付き添いがあった日、私が精神的に疲れてた時、

ご主人様が帰ってこられる週末、家の用事がある時ぐらいだ。


2.~3回、リフレッシュで1日、日帰りで温泉いったくらいか。


わかってないか?と思いながら行かない日を作っていたが、わかってたんだな。

お父さん。


そんなことや、バナナを半分こして一緒に食べたことや、拗ねてふてくさってる父やetc…


わずか、4泊のわずかな退院とか。


色んな思いがー。


会いたい。声聞きたい。喋りたい。

触れたい。もう一度、やり直したい!




後悔、後悔、後悔。



なぜ、下顎呼吸をしているときに、ただ見てるだけだったのか?


助けてあげれなかった。


努力呼吸をして、静かに呼吸が弱まっていって、眠るようにすぅーと落ちた。


それを見てただけなんだよ!私。


これだけかけがえのない大切な父を逝かせてしまった。


まだまだ逝ってほしくなかったよ。


父との思い出を思い出す度に涙する。


そして胸が張り裂けそうになる。


もう耐えたくないよ。


こんな思い。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。