親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

やっぱり。。。

連休でご主人さまは帰って来てた。


しいたけ狩りにお買い物と連れていってもらい大好きなル・クルーゼの野菜シリーズのココットやストウブのご飯鍋、トマトのミニココット沢山買ってもらった。


楽しかった🎵嬉しかった🎵





でも。。。


今日の夜、明日からの仕事に向けて出発で駅まで送った帰りに母の所へお土産を届けに寄った。


そして帰る途中、やっぱり運転しながら泣いた。


まるで子供のようにウァンウァン泣いた。


いつもそう。


帰るとき、運転しながら大泣き。


そして独り言を泣きながら言う。


お父さん、お父さん、逢いたいよ!


お父さん、なんで死ぬん?


どこにも行かへん言うたのに!って!


同じセリフを何度も泣きながら言い家まで帰る。


もう病気だよ。


本当に自分でも思う。


本当に心の底からの悲痛な叫びと悲しみだと。。。


こんなに悲しい泣き声はないんじゃないかと?思うぐらい。


これは、大切な人を亡くした者にしかわからない測り知れない深い深い悲しみだと思う。


自分でもよくもこれだけ悲しい泣き声を出すよねと思う。


お腹の底から絞り出すような嘆きの声。


楽しいことがあっても、嬉しいことがあっても心の底の悲痛な悲しみは消えやしない。


毎回、このブログを書きながらも泣きながら書く。


実質は泣きながらキーボードを打つだね。


こんなに辛くて悲しくて痛い思いは、人生1度きりでいい!


でも、あともう1回くる。


それらを考えただけでも居たたまれない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。