親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

父が残した遺言?

父が残した遺言?


丁度、去年の今頃、最終出戻り入院したとき、

思ったよりも重症で個室に入った。


ベンチュリマスクという酸素マスクに変更になった。


かなりの勢いで酸素がでるので、本人の呼吸に合わないのもあり、

かなりしんどそうであった。


ハァーハァー言って見てるのも辛かった。


そんな状態の時、ある日、父は妹に言った。


「もう、わし、あかんわ。この子のこと頼むで、なー、この子のこと頼むで。」ってー。


私に妹のことを頼むでって言うならわかる。


だが父は、妹に私のことを頼むでと言った。


三週間程、個室にいたと思うがその間二度も同じことを妹に言った。


後にも先にもその一言だけだった。


遺言めいた言葉を発したのは。。。


その時、本当にもうダメだと思うぐらいしんどかったんだろう。


でも、容態はよくなり大部屋に戻って、緩やかに体力は落ちていくものの、

落ち着いているように思えたのだろうか?


本人もそれから数ヵ月後にこの世から去るとは

夢にも思っていなかっただろう。


死ぬ数日前までは。


だからそれ以外、言い残す言葉は何一つなかった。


ただ死ぬ二日前に、大好きなアイスクリームでさえもいらないと言った。


私や妹に「食べて」と言ったが一口でも食べさせたかったので、

「先生がどれだけ食べたかチェックするから食べられへんわ。

食べれるだけ食べて残したら?」っと言ってその場を誤魔化した。


すると父は、

「もうアイスクリームも食べれんようになったらもうあかんなー。」ってボソッと小さな声で寂しそうに独り言を言った。


そのあと、飲み込むように一気に食べた。


今、思うと無理やり食べたんだろう。


私がすぐ泣くから。



もう、あかんかもしれん、でも食べなあかん!って。。。


その時は、もうあかんなー、って意味が頑張って食べなあかんやん!って意味合いで言ったのかな?と思った。


でも、後から思えばそのあかんなーって言葉の意味は、もうそろそろ息絶えるのかな?って意味だったように思える。




父は、何も言わなかった、何も伝えてくれなかったけど、自分の命が消えかけているのを感じていたんだろう。


なんてことだー。


何も最後の話しも出来なかった。


お別れの言葉も。


思い残すことなかったのかな?


何か言いたかったことなかったのかな?





私も言えなかった。


「お父さんの娘でよかった。ありがとう。」って。



この言葉を言ったのは棺の中の冷たくなった父に言った。


遅いよね。


生きてる間に伝えたかったよ。


ごめんね。お父さん。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。