親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

お父さん



月曜日から衣替えと断捨離中。


去年1年間、家の事は何もできてないから大変なことになっている!


その中、父の遺品が袋一杯にある。


病院で使ってたアイスノンを巻くタオル、


まだ寒かったから布団の上に掛けるフリース地の毛布、


膝掛け、ストール、うがい用のコップ、


父の日にプレゼントした腕時計、


最後となる入浴で使っていたボディータオル、入浴には必ず持って入る頭髪用のブラシ、


そして、亡くなるときに着ていた肌着にパジャマ。。。




みんな、そのまま。


病院から持って帰ってきてそのまま置いてる。


その遺品たちを見て思う。


なんで?なんで?パジャマもある、毛布もそのままあるのになんでお父さんはいないの?


なんで?


いつも不思議に思う。


父の使っていた物たちは、目の前にある。


存在するのに、何故父の姿はない?


この違和感にいつも寂しさ、悲しさを覚える。


もう死ぬまで、いや死んでも2度と会うことも、見ることも、触れることも、話すことも出来ない。



2度とない。2度と。。。


どれだけ願っても、どれだけの大金を積み上げようとも、何をどの様にしようとも、

2度と会えない。


日が経つにつれ段々遠くなる。


父への感触。


お父さん、会いたいよ。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。