親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

毎日毎日 [6月14日 火曜日 2:49]

1日何回?何十回?心の中で「お父さん」と叫ぶだろう?


毎日毎日、心の中で呼んでいる。


「お父さん…」


病に倒れるまでは避けて通る程の距離感があった。


なのに病に倒れてからは二人三脚。


お陰で死んでも泣かないだろうとずっと思って生きてきたが、

とんだどんでん返し!


死んだときも火葬場でも気が狂うほど泣き叫び、

その後も保々毎日泣いている{{s366}}


この1年と9日間、介護の毎日で背中を向き合わせていた二人が、

正面向き合った日にちと時間だ。


内容は濃い。


この費やしてきた時間のお陰で、こんなにも苦しくて辛くて寂しい思いをするなんてー。


毎回毎回同じことを言い、同じことばかり繰返しblogに綴り…


いったい何時になればこの場から離れられるのだろう?


お父さんがいない?


本当にいなくなった?


まだ信じられないし受け入れることすら出来ていない。


もし、この世に霊魂やあの世があるのなら出て来てよ!


目の前に!


私は霊やあの世など信じていない。


でも、もしあるのならお父さん、出て来てよ!


会いたい。


本当にあるのならどれだけ救われるだろう?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。