親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

忘れられない

もう1年4ヶ月と6日の時が流れた。


嘘でしょう?


まだまだ受け入れられなく信じれない。


居なくなったことへの不自然さが胸を締め付ける。


頭で理解できても、心が、思いが言うこときかない。


仕事中にも涙がこぼれることがしばしば。


入院中にスマホで撮った写真を見ては号泣。


無意識に独り言でお父さん、お父さんと呼んでいる。


何がそうさすのか?


17歳から疎遠で、背中合わせの人生を暮らし、

たった1年少し父と娘に戻れた時間ができたから?


それとも、完治レベルのものだったにも関わらず、術後が悪くて1年でこの世を去ったから?


私の病院の選択ミスだから?


手術を選択したから?


死ぬ前日にもっと看護師に酸素が朝になっても戻らなかったらすぐ電話して!と明確に言わなかったから?


何かあったら、些細なことでもいいからすぐ電話してください!と言ったのにわかってくれてなかったから?


意識不明の下顎呼吸になってから連絡がきたのが悔しくて恨みたい気持ちで一杯だから?


意識あるときから一緒にいて看取れなかったから?


あんな新米看護師の集まりの病棟に任せたから?


なんで?なんで?なんで?


意識のある間に電話をもらえなかったから?


看護師なんかをあてにせず、自ら朝から病院へ行かなかったから?


なんで?なんで?なんで?


時間が経過していっても私の心は全くそこから動かない。


動こうともしない。


苦しみ、悲しみだけが残っている。


最愛でなかったけれど、死んで最愛になってしまった。


いなくなってから最愛になっても、もう遅いよ。


たった1年と8日間しかお世話ができなかった。


何もしてあげれなかった。


お父さんに会いたいー。


会いたくて、会いたくてたまらない。


でも2度と会えない現実を受け入れて、残りの人生を生きていくことが辛すぎる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。