親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

寂しすぎる!



今日、何気に本棚に飾ってあった

去年、病院で写したクリスマスと父のお誕生日の家族写真を見て、

また号泣してしまった!


父の誕生日は、年末でクリスマスと数日間しか離れていない。


何にも計画してなくて、まぁーそんな余裕なんて頭の中もなかったけど、

いつもコンビニへアイスクリームを買いに行っていたので、

たまたまクリスマスケーキを見て、とっさにこれが最後のクリスマスになるだろと思いケーキを買った。


そして、写メを撮ったのだ。


やっぱり最後のクリスマスだった。

そして最後のお誕生日だった。


写真のお父さん、笑ってる。


これが最後になるとは思ってなかっただろう。


一度だけ、去年の11月にも危なくて個室に入ったとき、

「もう、わしあかんわ。」って何度か言ってた。


でも、回復して大部屋へ戻ってきてしばらく落ち着いて過ごせてたから

その時もまさかこれで終わりになるとは思っていなかっただろう。


写真は、生きてる。


でも、体はこの世にいない。


何度も何度も写真を見るが、まさか死んでしまったなんて思えない。


未だに信じられない。


金曜日は、実家で遺骨を抱き締めて泣いた。



日が経つにつれ、胸の傷口は痛む一方。


毎日、起きて眠りにつくまで頭の中は、父のことで一杯だ。


病院生活で父と関わった思い出で一杯だ。


楽しいことも日常生活の中、確かにある。


でも、またすぐ悲しみの渦に戻ってしまう。


日が経つにつれ父のことが愛しくて愛しくてたまらない。


そして、思い出しては泣いてしまう。


いったいいつになれば、和らぐんだろう?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。