親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

1周忌

2016年3月17日(木曜日)17時37分


父はこの世を去った。


1年前の今日という日に。。。


昨日から、とてもブルーになっていた。


思い出す。


容体が悪くなっていく過程をー。


頭の中に鮮明に残っている。


そして涙が溢れ出す。


丁度この時間は、こうだった。


あーだったとー。


そして、1周忌を迎えお仏壇の前に座り遺骨を撫でながら号泣した。


お坊さんは、13時から半の間に来られることになっていた。


その少し前に行ってすぐに涙が止まらなくなってしまった。


13時前くらいに時計を見て、あー、この時間はもう苦しくなっていたのかな?とか


不安だったろうなー?とか。


苦しかったやろーなー、とか。


なんで、しょうもない時に来ての電話をかけてもらって

肝心な時に電話してって看護師に言わなかったんやろ?とか。


そんな事を考え思い出してたら鼻水全開で泣けた。


そして、その後お坊さんが来られ無事法要は終了した。


その後、1年前に小瓶に入れ持ち帰っていた遺骨を開けて

遺骨ペンダントへ入れてあげた。


これで、何処へ行くのもずっと一緒だよ。


お父さん、早いね。


もう1年も経っちゃったよ。


会えなくなって。。。


本当に辛くて悲しい。


大切な家族を亡くすということは、

こんなにも辛くて、悲しくて、寂しくて残酷なことなんだと初めて知った。


これ以上の悲しみや身を切られるような思いをすることは他にはないだろうー。


つくづくそう思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。