親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

現場復帰

5月25日から7年振りに、仕事をすることになった。


現場復帰だ!


早い。もう7年も経つ。


母が倒れてから仕事をせずにここまできた。


丁度、父も看取れたのでよかった。


でもついに仕事を始める決意をし、面接を初めた。


1件目は、母の通院介助の不定期な曜日が休みと合わず駄目だった。


そして2件目の面接結果が今日きた。


採用とのこと。


その結果を聞いた後、電話を切って涙がこぼれた。


なんでだろう?


初めてだ、こんなこと。


恐らく年齢的な限界と、ブランクの空きすぎで正職は無理かと半ば諦めていたのだ。


そこに採用ときた。


嬉しかったのもある。


しかし、それだけでもない。


なんだろう?


込み上げる思い。




とにかく母の通院介助も6件もあるので中々大変になりそうだ。


でも、目標が出来たので頑張る!


お父さん、首からぶら下げて仕事へ行くよ!


見守っててね。お父さん。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。