親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

ムカつく

今朝、妹からラインがきた。


5月半ばに市外へ再婚して引っ越して、

今度は一軒家を購入して4ヵ月半で引っ越ししたとのこと。


住所を知らせてきた。


のんきなもんだ。


私と言うと、もう限界の境地まできてるというのに。


ここ1週間?メンタルの調子がとても悪い。


3か月前から胃の調子も悪くて病院へ行くと小さなポリープが4.5個あり、

胃壁もかなりただれてるとのこと。


細胞診もだしている。


毎日、母の甘えに振り回され、おんぶに抱っこの母に疲れている。



なんの援助もなく丸投げしていって、確実に自分の描き求める生活を手にしていく妹。


こうなると私の心も醜くなっていく。


妬み、僻み、嫉妬?とは、言わないが、

腹が立つ!


少しは私を助けてと!


母の所行って少しはご飯を一緒に食べてあげて!と!


少しは母の相手をしてよと!


私は、もうしんどいんだよ!


父の病院からそのまま続き1年半が過ぎた。


毎日毎日、親に時間を取られて自分のことが殆ど出来ずにストレス溜めて!


父を亡くしたことによる精神的ショック!


どこに向かえばいいかもわからずさ迷いフラフラ!


母の通院介助も1週間のうち、2~4回入り、買い物も週に2~3回、ヘルパー入れて週1買い物同行入れててもこちらに頼る。


その他、保々毎日ご飯を作りに行き後片付けして帰る。


しんどくて明日は来ないよと言うと拗ねられる。


もうしんどい。


しんどいんだよー。


だから、余計に妹に腹が立つ!


言ってやりたい!


あんたの幸せは、私という踏み台の上に成り立ってんだよ!って!


あー、なんて醜い命になってんだー。


あー、嫌だ嫌だ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。