親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

きつい。。。

病院へ挨拶しに行ってから、また気分が下降している。


妹も先日、市外へ引っ越した。


父の別れからまだ2ヶ月足らずだというのに行ってしまった。


まだ、父のショックから立ち直れてないのにダブルショックだ。


寂しい。。。


とめどなく寂しい。。。


父の写真や遺品を見ては涙してしまう。


血液検査のデーターを見ては胸がえぐられる思いだ。


この時、父の体の中で何が起こってたんだ?


手当てもなく見殺しにされた気になって仕方ない。


リザーバマスクで4リットルでの対応だった。


下顎呼吸になってるのにそれってどういうことか?


マックスにしても二酸化炭素が体内に溜まるからか。


去年の11月にベンチュリーマスクを使用していたが、今回はしないと事前に言われてたが何故だろう?


ベンチュリーマスクを使用してたら一命をとりとめ延命になったのでは?


恐らく延命治療はしないというのは、このレベルも含めてドクターは言ってたのか?


私はてっきり人工呼吸器、気管切開レベルのことかと思っていた。


事細かい説明は一切なかったので、あれやこれやと頭の中で製作して仕方がない。


不信が募る。


ベンチュリーマスク、本人嫌がるからしないと以前に言っていたが、そう言う問題か?


終末期とは、苦痛を与えない。とのことだがそれで正解なのか?


考えると気がおかしくなりそうだ。


日が経つにつれ、死んでしまったことが強烈に胸に突き刺さり、えぐりとられる気分だ。


きつい、苦しすぎる。


逃げ出したい!この苦痛からー。


お父さんを返して!!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。