親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

2017年

年が明けた。


早い。。。


何となく、書きたいこと沢山あったのに、

書く気がしなかった。


今年のお正月は、今までの中で一番お正月気分はなかった。


喪中ということもあるのだが、母の入院も重なり、

またもや大掃除もできなかった。


年が明けたという気もあまりしない。


ただ、刻々と一周忌が近づいてくる気がする。


一昨日、一周忌の予約を入れた。


命日である3月17日に。


平日でもあり当初は、日曜日にという話もしていたが、

命日にあたるほうがいいと私がその日に決めた。


早い、もうそんな時期にくるなんてー。




そして、母の病院へ毎日通うなか、やはり思い出すのか行きしな運転中涙がこぼれる。


また、病院へ行き母の顔を見ていると何とも言えない気分になる。


4日の日に、主治医に呼ばれ話を聞いたが、体の状態、既往歴、年齢からしてもう最後を向かえているのは覚悟しておいてとー。


それだけは、理解しててくれとー。


どういう意味だろう?


もう、先が長くないってこと?


あとどれくらいなんて怖くて聞けない。


要するに寿命ってこと?


そんなことを聞いたもんだから、顔を見ると寂しくなる。


こうして居るけど、また父みたいにいなくなるのかな?なんて。。。


病院へ行くと父の病院生活と被ってくるから嫌になる。


嫌と言うより怖くなる。


またいなくなるってー。


母が今回入院することになった病状、両足痛風発作って?


最初は、足にバイ菌が入ったって言われた。

通院している大学病院で。


次は、掛かり付けの循環器の主治医には、

そこの病院の整形へ回され結果痛風発作だと。


右が治ったら左足が腫れて痛くなる。。


左足がよくなってきたら、また右足が腫れて痛くなる。


なんだろう?


初めての痛風発作でそんなこと殆どないっていうのに。


怖い。


嫌な予感。


お母さんの体、まるでいたちごっこ。


もし、痛風発作ならそれも利尿剤の副作用。


利尿剤は、心機能の低下。


元は心臓から全てが始まる。


心筋梗塞→下肢閉塞性動脈硬化症(カテーテル治療による後遺症)→股関節骨頭壊死(プレドニンによる副作用)→心房細動→腎機能低下(薬により)→腰椎圧迫骨折→尿酸値H(利尿剤による副作用)→痛風発作?


よくここまでもってると主治医が言った。






今年も波乱の年になりそうだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。