親の介護。そして終えて

親の介護が始まり疲れてた矢先に介護blogを発見。辛いのは私一人だけじゃないんだと。誰にも言えない相談できない、愚痴りたい!色んな思いをここで吐き出そう!
そして、親の病状の記録を取っていきたいと思います。


そして永眠後の悲痛な思いからの新たな出発。

唯一の癒し

何をする気も、何をしたいとも思わなくなったが、

唯一、心和む一時がある。


クラッシックを聞きながらゲームをすること。


LINEのブラウンファームにハマってる?


ツムツムとブラウンファームをしている。


最近、このブラウンファームをやりだした。


元々、クラッシックは好きだったが、何日か前に『ランダムキューブ』というものを買ってもらった。



111曲?のクラシック曲が入ってて目覚まし、アラーム、カウントダウン、

そして音楽も聞けるというものだ。


昔、アルファーキュービックが流行ったことがあったが、

まさしくあの形で、ひと回りかふた回り大きくした物だ。


それを横に置いてクラッシックをかけながらゲームをする。


一時の癒しの時間。


心穏やかになり、唯一頭の中が真っ白になる瞬間。


唯一、悲しみや苦しみから解放される一時である。



小さなこと。ちっぽけなこと。


そんな些細なことしか今は、出来ない。


そんな些細なことでしか脳波を止めれない。


でも、それでもいい。


心が解放され、癒されるなら大いに結構。


リラックスする時間もなかったから。


常に緊張と不安、そして恐怖の5年と8カ月。


最初に母が倒れてからが親の介護の始まりだ。


そして、不安と恐怖の連続の始まり。


常にストレスと重圧感に押し迫られてきた気がする。


妹は、父が死ぬ何日か前に再婚をし、死んですぐに私と母を残し市外へ引っ越した。


そしてなんの援助もない。


全て私に押し付けて。。。



近くに居たときも98%何もしてくれなかったが。。。



私ひとりで抱え込んでるから、余計にしんどいんだろうなーと。



まぁーいいか。


こんなにもクラッシックを聞いて心解き放たれることがあるのなら、それも救いだー。


小さな癒し。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。